リンクTOPページ

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

フジサン・マガジン
 オンラインブックストアで雑誌を

定期購読中のお客様へ

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • 特定商取引に関する法律

看護師

看護師のためのアドラー流子育て・自分育て あなたが変われば、子どもも、家庭も、職場も変わる!


ひとりで頑張らない! 6割主義でも大丈夫!
子どもは、信じて、待って、任せて育てる



ベストセラー『看護師のためのアドラー心理学』の著者が、仕事も家事も子育ても完璧主義者が多い看護師の方へ、心も身体もラクになる6割主義でうまくいく新たな子育て・自分育てを提唱!
子育てが完璧でなくても、“罪悪感”は不要です。子どもには、「ごめんね」ではなく、「ありがとう」と伝えてください。親と子がともに成長する、子育てに活かせるアドラー心理学の教えが満載!
言葉の発達に好影響を与えるベビーサインの紹介や、自分の心の内部が明らかになる書き込み式ワーク、人生を前向きにする言葉・アファメーションも収載。

■著者:長谷静香
■体裁:四六判/272ページ
■ISBN:978-86439-770-4


価格(本体価格+税)(税込) 1,650 円
    
商品コード: 400939
冊  数
在  庫
有り

カゴに入れる

著者略歴

 長谷静香(はせ・しずか)
 コミュニケーションサロン 勇気のしずく代表。心理カウンセラー・看護師・保育士。
 1972年福岡県生まれ。茨城県在住。三児の母。大学病院に10年間勤務。退職後、ベビーサイン講師として活動中、子育てに悩みアドラー心理学に出会う。現在は、勇気づけセミナー講師として、個人向け講座、医療・行政・教育機関・企業向けの研修・講演を全国で開催。茨城キリスト教大学看護学科非常勤講師。著書に、岩井俊憲氏との共著『看護師のためのアドラー心理学』(日本医療企画)

目次

はじめに――ひとりで頑張らない! 6割主義で信じて待って任せる

第1章 子育てに活かせるアドラー心理学の考え方
子育ての目標とはなんでしょう?
アドラー心理学は、別名「勇気づけの心理学」
賞罰の子育てと勇気づけの子育て
ほめ・ごほうびを繰り返していると起こること
ほめやごほうびの3つの副作用
「えらいね」「すごいね」など存在するグレーゾーン
勇気づけに必要な3つのキーワード「尊敬・信頼・共感」
子育てをするときに注意すべきたった1つのこと
課題の分離ができると子育てが楽になる
共同体感覚の中にある4つの「感」を同時に持つ

第2章 子育ての前に必要なこと
何より大事なことは、自分の心を整えどんな自分にもOKを出すこと
すべては必然で最善だと意味づける
今のつらい出来事ですら、いつか訪れる未来のために起こっていた
悲観主義と楽観主義――あなたはどちらを“選び”ますか?
世界で一番大切な人・自分の心の声を聴く
自分の心の声と対話する
セルフトーク「悪魔のささやき」と「天使のささやき」
子どもを満たす前に自分を満たす
当たり前のように目立たないような自分の行動に、一つひとつ声をかける
自分の思考のクセを見直し、書き換える
目に映っているすべての出来事・世界はあなたへのメッセージ
子どものネガティブな行動もあなたに大切な何かを伝えている
喜怒哀楽――どの感情も等しく丁寧に扱う
子どもと共に感情の大切さについて学べるお勧め映画
相手ファーストではなく、自分ファーストで

第3章 ひとりで頑張らない! 周りとともに子育てを
頑張るガチガチ子育てから、頑張らないゆるゆる子育てへ
看護師なのに……できない私
子育ては、6割主義でも、4割主義でもOK!
人を頼るということ
頼ることは相手の負担ではなく、貢献感につながることもある
頑張りすぎることが、子どものやる気や誰かの仕事を奪っているかもしれない
子どもと周りを信じて、待って、任せる
習い事は誰の課題?
ときには、子どもの背中をそっと押すことも大事
課題の分離――子どもの課題と親の課題
きょうだいゲンカは誰の課題?
子どもの課題に踏み込むと出てくる好ましくない影響
課題の分離。3つ目は共同の課題
子どもは世界の宝物、そして、あなたも宝物。1人ではなく、社会で育てていく
家族はチーム。親が笑顔でゴキゲンでいることが、何より大事

第4章 年齢別の関わり方①――心の土台をつくる乳幼児期
乳幼児期は心の土台をつくる大事な時期
どんな自分にもダメ出しをしない。子どもと自分両方の心を丁寧に扱う
赤ちゃんとのコミュニケーションにはベビーサインがお勧め!
言葉の発達に好影響・話し言葉との懸け橋になるベビーサイン
魔の2歳児ではなく、あらゆることに敏感な時期。ただそれだけ
子どものいたずらには目的がある!?
乳幼児の不適切な行動への対応の仕方
人は注目した行動が増えていく
きょうだいにいじわるをするのは、子どもの悲痛なメッセージ
赤ちゃん返りも注目されたいがために起こること
失敗体験の前に必要なこと
おもちゃで遊ぶことで成功体験を積んでいく
オーバーな勇気づけの声かけもOK! そして、3歳までは、ほめほめOK!
もう5歳、それとも、まだ5歳?
朝の5分が、親の心と子どもの行動にゆとりを作る
きょうだいそれぞれにひとりっこ時間・みてみて光線にはおへそビーム
子どもたちに伝えたいこと「生まれてきてくれてありがとう。あなたはそのままのあなたでいい」

第5章 年齢別の関わり方②――信じて待って任せる児童期
何のために勉強をするのか?
外発的動機づけと内発的動機づけ
途中までしかやらない、途中までやっている
課題の分離と割り切れない部分。その子その子に合わせた関わり方
学校に行く。それだけで100 点満点!
9月1日、夏休み明けに伝えたい言葉
罰ではなく結末を体験させる
家族の決まり事は、家族会議で決めよう
学校で、1人でいるのはダメですか?
新しい子育て法をやってみます! と宣言しよう
代表的な家族の雰囲気。望ましい家族の雰囲気とは
すべてはご提案、そして勇気づけは数稽古、ゴールは行動の変容

第6章 大人が自分の人生を主人公で生きることが、子どもの自立につながる
勇気づけの3つのステップ
子どもに対して罪悪感は不要。「ごめんね」ではなく「ありがとう」
忙しいあなたへオススメ! ミニホワイトボード式勇気づけ交換日記
親の育て方が、子どもの性格(ライフスタイル)を決めるわけではない
何番目に生まれたか? という誕生順位が性格に影響を与える!?
不朽の名作『素晴らしき哉、人生!』に思う。逆境をどうとらえるか?
人生に無駄なことなど1つもない。過去の自分がいまのあなたを作っている
幸せの3つの条件――自己受容、他者信頼、貢献感
なりたい自分、なりたい親子関係をありありとイメージする
人生を前向きにする言葉・アファメーションのすすめ
あなたが見ている世界とは
子どもを心配しすぎない。子どもの人生を尊重する
あなたが好きなもの、ワクワクするものは何? 
心のボトルを満たす方法をいくつか持っていますか?
好きなものがわからない。ワクワクがわからないとき
親が本音で生きること、親の生き方から子どもは何かを学ぶ

おわりに――大切なことは、あなたが、あなた自身の心を整え、あなたの人生を歩み始めること

このページのTOPへ
Copyright, Japan Medical Planning