人間性豊かな活力のある地域社会の創造をめざす 総合ヘルスケア情報企業
Twitter
【最新号】2022年7月号

最新号 『最新医療経営 PHASE3』7月号 VOL.455

特 集 2024年を視野に今から取り組む! 地域で必要とされる
「オールラウンド型病院」をめざせ

毎月10日発行
A4判変型 80ページ
定価:1,320円(本体1,200円+税10%)
定期購読料:15,840円(本体14,400円+税10%)
 
特集連動セミナーはこちらから
最新医療経営PHASE3主催 オンラインセミナー「第3回 ケースから学ぶ!チームビルディングによる「経営に強い」組織づくり」最新医療経営PHASE3主催 オンラインセミナー「第4回 医療法人から“生活応援法人”へ 超高齢社会を支える 地方中小病院の経営戦略」
特集 患者・職員との信頼関係どう築く?病院コミュニケーションスキル大全

巻頭特集 2024年を視野に今から取り組む! 地域で必要とされる「オールラウンド型病院」をめざせ

2022年度診療報酬改定は、医療機関の連携・機能分化をさらに推進する取り組みを評価し、各病院が求められている機能・役割を果たすことを重視する内容となりました。二次救急を中心に行う急性期病院への風当たりの強さを感じた医療関係者は多かったのではないでしょうか。地域包括ケアシステムでは自院完結型の病院が批判されてきましたが、市区町村エリアで二次救急を中心に一般急性期~慢性期、時に在宅までを担う多機能を持つ病院というのは、住民にとっては頼りになる存在です。加えて地域のニーズに応え続けるような「オールラウンド型病院」が今後、地域包括ケアシステムの中核を成すと考えます。少子高齢社会の支え手として地域医療を担う、これらの病院経営の今後のあり方を示します。

今後の病院経営を斬る
工藤 高株式会社MMオフィス 代表取締役
病院①
生活支援型急性期病院のめざす医療医療法人社団東山会
調布東山病院(東京都調布市)
病院②
地域密着型病院の新モデルづくり社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス
東埼玉総合病院(埼玉県幸手市)
経営に必須な数字の見方
湯原淳平株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン
シニアマネジャー
病院③
挑戦続ける回復期リハビリ病院医療法人社団明芳会
イムス横浜東戸塚総合リハビリテーション病院(横浜市戸塚区)
病院④
共生社会を支える〝生活応援法人〟へ医療法人博仁会
志村大宮病院(茨城県常陸大宮市)
病院⑤
めざすは精神医療の〝総合病院〟社会医療法人聖ルチア会
聖ルチア病院(福岡県久留米市)
企業①
「ASMACI」ミサワホーム株式会社
企業②
2次医療圏データベース
2次医療圏別医師数データ集
株式会社ウェルネス

病院トップの経営者魂

土谷明男医療法人社団葛西中央病院 理事長・院長
(東京都江戸川区)
病院トップの経営者魂

東京都江戸川区の住宅街で、地域に根ざした医療を提供してきた葛西中央病院。先代から病院経営だけでなく、病院のあり方を引き継いだ土谷明男理事長は訪問診療や看取りに対応、地域ニーズに応える温かい病院づくりに心を尽くしています。

病院トップの経営者魂

病院新時代

公益財団法人河野臨牀医学研究所附属
品川リハビリテーション病院(東京都品川区)
病院新時代

都心で地域包括ケアを担う品川リハビリテーションパーク。
医療・介護と図書館が入った全国的にも珍しい複合施設で、地域の交流・融合の場として存在感を高めています。

病院新時代

特集2 病院で使える!
ACPの手引き

病院で使える! ACPの手引き

人生100年時代を迎えた今、急速な少子高齢社会、多死社会への対応が喫緊の課題です。医療機関においても患者に対し、終末期医療の概念をより広く知ってもらい、自らが意思決定を行うための支援を行うことが求められています。厚生労働省が国民への周知をめざし、「人生会議」と愛称をつけたACP(アドバンス・ケア・プランニング)ですが、病院での実践はまだ確立されていません。そこで、ACPを病院で取り組むための基本から、普及啓発につながるノウハウまでを紹介します。

ACPへの取り組み方法
池端幸彦医療法人池慶会池端病院 理事長・院長
星総合病院での先進事例
公益財団法人星総合病院
(福島県郡山市)
それぞれのACP事例
病院で使える! ACPの手引き

Pick Up!

病院「伸化」論
総合力と地域連携を成長の源に
安心な地域づくりをめざす
医療法人社団豊生会
東苗穂病院(札幌市東区)
ホスピカ!
地域包括ケアの医療提供から
街づくりまでかかわる
医療法人明倫会宮地病院(神戸市東灘区)
大規模災害時のライフライン
国の補助事業で安心を確保へ
医療法人弘済会宮川病院(山梨県南アルプス市)

次号予告 2022年8月号 VOL.456(2022年7月10日 発行)

特 集 地域でリーダーとなれる道具を手にせよ!
“新しい” 共同購買のススメ(仮題)

従来から節約や効率化を図るものとされてきた資材調達、用度ですが、新たなメリットとして「共同購買」を考えます。地域医療連携推進法人といった地域でのアライアンスがつくられているなかで、グループ法人でなくても可能となりました。共同購買を通じ、地域の医療機関とつながることのメリットはコスト削減だけでなく、人的交流や人材育成、スケールメリットを活かした経営展開など多くあります。本特集では、病院や企業の取り扱いを通じ、共同購買のメリット、デメリットを明らかにします。